マンションに住む人には絶対に知っておいて欲しい地震保険の話②

マンション建物の地震保険の話です。

マンションはその構造によって地震保険算定の時のの認定基準が異なるという話を確認してください。
http://bigonefps.at.webry.info/201206/article_4.html

その上で、マンション地震保険の損害の認定基準は柱・梁・壁・天井なのですが、ラーメン構造のマンションだけは壁(外壁)の損害が認定基準からはずれます。

じゃあ、うちのマンションはラーメン構造だから、めちゃくりゃ壊れないと対象にならないではなか?というとそうでもありません。

マンションの柱・梁に損害があるかないかは、外から見る外見上の被害では判断できないので、風呂場の天井をあけて天井裏の柱・梁を見て損害を確認する事で柱にはいったヒビ棟等が発見されることがあります。

また、マンション全体の損害の認定には時間がかかるので、先行払いとして、専有部分の柱・梁・天井・壁に被害があれば、それをもって損害を認定してもらうこともできるのです。

仮に専有部分は3%以上の損害がないと認定されても、あとから、建物全体の損害が地震保険の支払対象になれば、専有部分も支払対象になるのです。

わかりにくいですが、被害が大きいほうをもって損害を認定しようという制度になっています。

あれ?うちは建物は地震保険の対象にならなかったという方は、再確認してみるとよいかもしれません。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック