車が全損!でも車両保険が全額でない?

今日は自動車保険のお話です。

皆さんは、事故で車を全損にしてしまった事がありますか?

「そんな大きな事故は起こした事はないです。」と思った人もいると思いますが、保険代理店の立場からみたら、全損とうのは、案外多いのです。

300万円で新車を買った場合、修理代が300万超えたら全損ですね。でも、この車両価格というのは年々減価償却して低くなっていきます。

300万で買った車が、5年たって、保険会社(もしくは代理店)の決めた車両価格が50万円だったとします。

その場合、修理代が70万円だったとしたら、車の時価額(車両保険の保険金額)より修理代のほうが高いという事になりますから、自動車保険では全損扱いとなります。
自動車保険で車両保険50万円の契約をしていれば、満額支払われて手続き終了となります。(※車両保険の支払い条件については割愛しています)

私は修理して乗りたいんだから、なんとかして~とお願いしても、車両保険の契約がもともと50万円であれば、それ以上どうする事もできません。修理する場合は20万円は自己負担となります。


この場合の保険会社がきめた車両価格の事を「協定保険価格」といいます。

一般的に自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)については、価格協定といって、その車の時価額を保険会社と協定することによって、万一、事故で保険金請求する場合は、適正な時価額で保険加入していたとされ、一部損であっても、修理工場と協定した、その修理額を全額払ってもらう事ができます。

ただし、上述のとおり、車両保険価格が上限になりますね。でも、この車両保険価格にはじつは幅があるのです。


一例をあげると
パッソ(自家用小型乗用車) 1300G 平成18年式 の場合の車両の標準価格は30万~50万です。
この幅の中で車両保険価格を決定するわけですが、この価格をどうするかを代理店や保険会社から聞かれた事がありますか?

実は、新車で買った、または初めて保険にはいった時に車両価格を決めると、次からの継続契約では、保険会社が自動的に減価償却した車両保険金額を案内してきますから、毎年見直しを案内する代理店さんは、とても少ないのです。

このパッソの契約の場合、保険料をとにかく安くみせたい保険会社や代理店は、車両標準価格を30万円で案内する事が多いと思いますが、ちょっと待ってください。

もし、事故を起こして修理代が50万円かかったら、20万円は自己負担ですよ?

「そんなになったら買い替えるからいい。」
と言われる方も多いのですが、買い替えるとしても、支払われる保険金を頭金にする場合は、それが30万円なのか、50万円なのかは、結構大きな事案だと思います。

では、どうしたらいいか?

「新車に入れ替えた、はじめて契約する」時に、車両標準価格の上限で契約してもらえばいいのです。(減価償却が大きくなってから、見直ししてもらう事も可能)

この車両標準価格の違いによる自動車保険料の違いは、じつは、そんなに大きくないんです。継続の時に確認してもらう事をおすすめします。


さて、では、協定保険価格設定のない車両の場合はどうなるのでしょうか?


実は協定保険価格設定のない車両は、保険金支払い時の時価額で支払いが決定するんです。

2000万円で買ったダンプに車両保険をつけて契約して、毎年減価償却された価格で継続していても、問題が発生する場合があります。

代理店が今年の車両価格は減価償却して100万円です。と案内してきて、それで継続していたとします。ところが運悪く単独事故を起こしてしまって、修理代が120万かかる事になりました。

さて、車両保険はいくら支払われますか?

車両価格100万で契約してるんだから、全損だから100万円!と、思われた方、おしいです。この場合、この車両には価格協定がついていないので、保険金請求時点での時価額が上限となるのです。

保険会社は「全損ですので、時価額を算出しましたが、この車両の時価額は90万ですので、支払いも90万となります。」

と言ってくる場合があるのです。

これは納得いかないですね?だって、車両価格100万円分の保険料をはらっていたわけですから。

私     「では、時価額を算定した根拠を提示してください?」
保険会社 「何通りかあって、担当するアジャスターの判断になるので・・・」

あれ?どうも歯切れ悪いですね?

私    「だとすると、違う人が査定したら100万円になる事もあるんですか?」
保険会社「検討します」

微妙ですね。

協定保険価格が設定されない車種に車両保険をつける場合は、代理店の時価額の適正な判断、万一の保険金請求の際には、保険会社と交渉するスキルがある代理店さんでないと、この微妙な局面を乗り越えられない困った事になる場合も予想されるのです。

もし、そういう車種に保険をかけられている場合は、車両価格が適正かどうか?一度確認されたほうが良いですよ。
(※保険会社によっては、代理店に市場販売価格を参考に提供しているところもあります)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

おぐちゃん
2015年02月12日 15:00
 10数年前に車両盗難に遭い車輌保険金が全額おりて助かったことがありました。以来、車輌保険は最高額の高い保険屋さんに加入していました。
 今回、0:100の全損事故に遭ったのですが、車輌保険が全額おりず査定額が上限であることを言われ納得しかねていました。
 自己満足のため無駄に高い保険に入っていたという事を学びました。今回を教訓にして無駄に高い保険に入らないようによく考えるようにします。
森田
2015年02月21日 15:53
おぐちゃんさん、大変でしたね。
0:100という事であれば、相手のおぐちゃんさんの車の時価額査定が低かったという事でしょうか?

時価額の査定ではもめる事が多いので、そういう紛争を仲介してくれる所もあるし、自分の車両保険の支払いがおかしいと納得されない場合は、損保ADRセンターに解決の申し立てをする事もできます。詳しくは担当の代理店さんに相談されるとよいかもしれません。

この記事へのトラックバック

  • オークリー サングラス

    Excerpt: 車が全損!でも車両保険が全額でない? ファイナンシャルプランナー 森田浩一/ウェブリブログ Weblog: オークリー サングラス racked: 2013-07-06 03:02