知らないと損をする自動車保険の仕組み

自動車保険は、大手を中心に保険料を計算する根拠になるが改定になっています。

以前は、同じ等級であれば、無事故で進んできた人も、事故ありで保険金請求して下がってきた人も、割引率は同じでした。

ところが、改定のあった保険会社の等級別料率制度は、等級が同じであっても、割引が進んであがってきた人と、割引がさがって落ちてきた人では、割引率が異なるのです。

事故をおこして等級が下がってきた人は、元の等級にもどるまでは、無事故の人よりも高い保険料をとられることになります。


そのために、保険をつかう際は、元の等級にもどるまでに支払う割増保険料と、使わないで事故負担した場合とどっちが得かという計算をしたほうがよくなります。

仮に車両の単独事故でバンパーを破損をしたとします。
修理代が78000円
元の等級にもどるまでの保険料と、無事故で割引がすすんだ場合の保険料の差額が92000円であった場合、
だったら、保険を使わないほうが得だよねとなるケースがあるわけです。

※事故の形態によっては、代理店に処理をたのみたい、または保険会社に特別な対応をお願いしたい等の理由で保険を使ったほうがよい場合もあるので、保険料の損得だけでは、実際は判断できません。

この場合ですが、修理工場等では、お客様が自己負担で修理代を負担するケースと、保険会社に支払ってもらうケースで、修理金額が異なるケースがあるのです。

修理工場によっては、保険会社からの支払いは遅れる事が多いので、自己負担の場合の1割増しと決めているところもたまにあります。

さて、上記のケース
はじめは保険を使うつもりで見積をだしてもらったら、78000円。あとから、自己負担する事にしても、普通はだされた見積通りで支払いしますね。

ここで

「保険を使わないで、自己負担する事にしたんですが安くなりませんか?」と、聞いてみてください。
修理工場によっては、お気の毒ですね、では10%引きましょうと値引いてくれる場合もあると思います。




次に、相手をけがさせている場合はどうなるのか、説明します。

自転車で横断歩道を通行中の人に接触して転倒。自転車の修理代20000円、怪我は軽い打撲ですが、通院は今からで何日になるかわらないケースです。

先ほどのケースのように、対物(自転車の損害)20000円であれば、大抵の場合は、保険は使わないほうが良い事になります。

ところが、怪我をされているので、相手との交渉や病院の支払い等を自分でやるのは難しいですね。
こんな時、保険会社は自転車の損害を先に払いますが、保険をつかっていいですか?と聞いてきます。

ここで、「ハイ」と返事せずに、ちょっと待ってください。

相手が怪我をされた事による、治療費・慰謝料・休業損害は、任意保険ではなく、先に自賠責が使われるのです。ですが、この請求には時間がかかるので、通常は一括払いといって、保険会社が自賠責保険から支払ってもらえるだろう保険金(治療費・慰謝料・休業損害等で上限120万)も先払いします。
そして示談が成立したあとに、自賠責保険に請求をして先払いしたものを回収をするのです。

この自賠責保険から支払ってもらったものは、任意保険ではないので、皆さんが契約している保険を使った事にならないのです。

ではどうしたらいいか?

自転車の損害20000円を先に支払っていいですか?と聞かれたら、

「とりあえず、私が自己負担して支払いをします。お怪我に関する賠償が自賠責保険の範囲で収まれば、そのまま保険は使わなかった事でお願いします。相手の怪我が長引いて、自賠責の範囲を超え、任意保険からも、対人(お怪我関連の賠償)の支払いが発生した場合は、あとから、自己負担した自転車の損害分を請求をさせてください」
と、お願いすればよいのです。
これで、怪我の補償が自賠責の範囲内で収まれば処理は代理店または、保険会社がしてくれたのに、保険は使わなかった事になりますので、翌年度以降の保険料が割増になる事もありません。

このケースは、相手のお怪我が軽く通院もあまりないと予想される場合ですが、代理店、または保険会社によっては、処理を担当して動いたのだから、保険使用でないと困る。
または、保険を使わない場合は、一切の処理は自分でしてください。という所もありますので、こんなケースがあった場合は、事前に相談することが大切ですね。

事故をおこさないように、日頃から安全運転を心掛ける事が大切ですが、今の自動車保険の制度をよく理解することも、とても大切です。

参考になった方はブログ玉クリックをお願いします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック